お菓子の読み物

お菓子の情報をお届けするメディア

レア・スフレ・ベイクドチーズケーキ、バスクチーズ、チーズテリーヌの違い

チーズケーキの種類は様々で、どんな原料を使うか、どんな焼き方をするかによって、食感や味わいが変わります。

この記事では、

の違いを紹介します。

 

レアチーズケーキ

オーブンで焼かずに、ゼラチンなどを用いて冷やして固めたチーズケーキです。しっとりとした質感で、チーズの風味が感じられます。

通常は卵を使いませんので白い色合い。

ブルーベリーやストロベリーのソースのトッピングをすることが多いです。

 

スフレチーズケーキ

卵白をたてたメレンゲを材料に用いて、湯煎で焼いたチーズケーキです。

ふわふわとしたスポンジのような食感が特徴です。

スフレとは「ふくらんだ」という意味。

卵白を立てたメレンゲを材料に混ぜてオーブンで焼いてつくる軽くふわふわとした料理、ふんわりと仕上げた料理に使われる言葉です。

 

ベイクドチーズケーキ

しっかりと焼き色がつくまでオーブンで焼いたケーキです。

ベイクドは英語で、焼くという意味ですね。

単に「チーズケーキ」といういうときには、このベイクドチーズケーキを指すことが多いです。

 

バスクチーズ

スペインのバスク地方が発祥とされるチーズケーキで、焦げ目を強くつけるのが大きな特徴です。

 

チーズテリーヌ

テリーヌとは、テリーヌ型を使ってつくられたフランス料理のことです。チーズテリーヌは、テリーヌ型を使ってつくられたチーズケーキです。

型は長方形型が用いられることが多く、クリームチーズサワークリーム、生クリームなどの乳製品を使い、湯煎で焼くレシピが多いです。

湯煎焼きによって、生地が水分を保ちしっとりとした食感になります。